« 想いでのマカロン日記~その16 | トップページ | 香りの授業!! »

想い出のマカロン日記~その17

抹茶の話を続けます。

今風に言うならば、僕のお気に入りの素材です。宇治の和光という、お抹茶が僕のお気に入りの素材です。

抹茶は、皆さんご存知のとおり、安価なものではありません。やはり、僕らが使う抹茶の範囲にも有る程度の限界があります。

美味しいさと価格のバランスが取れてなければ、仕入れる価値が無いのは、言うまでもありません。ただその質がよいとという理由だけで価格を考えず仕入れると、そのときは美味しいものを作れても、継続がおぼつかなくないます。

ただ美味しいという理由で安易に仕入れが価格が高ければ売値価格の高さが、お客様に反映するわけですから、僕のマカロンなどのお菓子作りを通して大切にしている事は、美味しいものこそある程度の方たちが食べられる納得の値段てなくてはならないと思っていますので、意に反するわけです。

不思議なもので、僕らの仕事は自然の産物が相手の仕事です。ですから、この素材が今年よかったから来年も素晴らしいなんてことはなくて、農作のブランド化はよい事だとは思いますが、僕の場合は、ある程度の参考にするだけで、盲目的に使用する事はありません。

だから僕らは、常に美味しいものの基準値をしっかりもっておかなくてはなりません。

そんな考え方で選んだ、良質の抹茶です。

常に新鮮な状態で届けられ、酸化した香りも無く、すがすがしい香りと清廉な芯のある風味があります。この抹茶に出会ってなければ、今のうちの抹茶のマカロンも生まれていなかったと思います。

ただ埃くさくて、青臭く酸化しているだけの香りのする抹茶では、今後の創作意欲にもつながらなかったと思います。抹茶ひとつの出来ごとですが、今思うと、マカロンの和素材としての扉を大きく開けてくれたのは事実です。この出会いがマカロンだけではなく、生菓子やチョコレートまで発展して行ったのです。

|

« 想いでのマカロン日記~その16 | トップページ | 香りの授業!! »

コメント

初めまして。
TBありがとうございます。
こちらのブログ以前より見させて頂いてたのでびっくりです。
マカロンへの情熱は素晴らしいですね。
この情熱があの美味しさに繋がっている訳ですね~。
今度の三越での催し楽しみにしております。
大変お忙しいことと思いますが美味しい洋菓子を作り続けて下さい!!

投稿: あぶさち | 2006.09.21 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191151/12134741

この記事へのトラックバック一覧です: 想い出のマカロン日記~その17:

« 想いでのマカロン日記~その16 | トップページ | 香りの授業!! »