« ギフトにマカロン | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

想い出のマカロン日記~その24

今年も残すところ今日を含めて、二日です。八月の一日に始めたこのブログも・・・・。

良くぞ続いたものです。最初は何書こうかなんて、思いながらそして小説家じゃ在るまいし続くのかな?なんて思いながら・・・・続くものです。

ほんとにこれは、皆さんのお陰で、こんな乱文にお付き合いいただいて僕のほうが恐縮しています。

ほんとにありがとうございます。

では、本題に入ります。

季節から、影響を受けるマカロンもかなりの数になります。

ストレートにそのものではなく、自分の感性や感覚、嗅覚から、もしくは視覚から聴覚、味覚の五感で感じた季節に僕なりの表現を加えたものです。

桜のマカロンもオープンした次の年から、桜の季節、一ヶ月くらい前から発売する商品です。

日本人のに対する思いは、一方ならぬものがあると僕は思います。これは、歳を重ねるごとに、僕の場合は、強くなっているようです。

余計な話ですが、春先の沈丁花の香りが立つ頃、そして舞う頃、そして雨の紫陽花、遠くから香る秋の金木犀

僕が、日本に生まれてよかったと思う季節の風情です。

沈丁花は、奥ゆかしく香り。

桜は、舞い散る美しさ。

雨のしずくの美しい紫陽花。

凛とした香りの金木犀。

日本人に生まれた事を誇りに思えること、それが季節でもあるのです。

こんなことを思いながら、新しいマカロンの創造に繋がるのですから、必然的に日本の情緒を加味したものが増えていきます。

でもそこは、フランス菓子の技法がベースにはありますので、思わぬ組み合わせがお目見えする時が有ります。

その代表的なものが、煎茶とパッションフルーツのマカロンではないかとおもいます。

これは僕自身、奇をてらったものではなくて・・・・。

福岡は、葉桜と供に近隣の山々が新緑に変わり始めます。その頃の生命の息吹が初夏への香りも一緒に運んできてくれます。

なんで、煎茶かなと自分で思うのですが、これは説明しようがありません!

ただ季節柄、新茶の季節で、身近にお茶の発祥の地でもある八女もあることが、かなり影響をしてるんじゃないかと思います。

パッションフルーツは、夏の果実です。でも僕にとっては、初夏を運んでくる果実の香りです。

つんとした爽やかな幸せな香りが、お店いっぱいに広がり・・・・。

香りはいつまでも続き、初夏の太陽のような優しい温もりのある香り・・・・。

僕は、パッションフルーツは、あえて早春の頃から初夏までの間で使うのが好きです。

そんな僕の初夏に対する想いから偶然に生まれた組み合わせです。

作る前から、味香りの創造は出来ていました。

違和感なんて、ぜんぜん感じることもありませんでした。

爽やかな初夏に似合うマカロンが創造できたと思っています。

|

« ギフトにマカロン | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191151/13265598

この記事へのトラックバック一覧です: 想い出のマカロン日記~その24:

« ギフトにマカロン | トップページ | あけましておめでとうございます。 »