« あけましておめでとうございます。 | トップページ | Le Sel!! »

塩!!

昨年から、に僕は凝りだしています。

使う塩は、お気に入りのゲランド産の塩です。時と場合によって、一般的な顆粒状のものと、一番摘みのフルール ド セルと使い分けします。

最近は、デパートなどでも販売されていますので、ご存知の方も多いと思います。少し灰色がかった塩です。

僕のこの塩に対する、感想はまず、塩辛さが舌や口の中に刺さないのが特徴だと思っています。少し雑味のする自然な風味が好きです。

日本の塩は、僕の知っている限りですが、雑味が少なくすんだ塩辛さが特徴だと思います。簡単に言うと、とんがった塩辛さです。

この比較の表現が正しいかどうかはわかりませんが、あくまでも僕の感覚の話ですので・・・。

いやいや好みの問題かも知れません?

僕には、ゲランドの塩が使い易いのかも知れません!

少し、以前から作っているゲランドの塩を使ったお菓子を今日は紹介しておきます。

代表的なものは、やはり塩バターキャラメルマカロンです。これは、かれこれ二年以上前から作っています。

もちろんガレット ブルトンもあります。それからオレンジ風味サブレ ノワゼット(ヘーゼルナッツ)もそうです。

そしてたまにお目見えする、バトン フロマージュ(黒胡椒とエダムチーズのパイ)やドライトマトとグリエールチーズ、青胡椒使ったピザ風パイやマルコナ アーモンドの甘塩っぱいスナックもゲランドの塩を使います。

そして次に作ったのが、 塩バターキャラメルとオレンジの花水を使ったマカロンのサント ノーレです。

そして去年の秋頃からは、チョコレートと組み合わせるのに凝っています。

塩味のチョコレートのマカロン。シンプルなガナッシュに塩を組み合わせる事によって、少しだけですが、ショックな仕上がりになっています。

つい最近は、タブレットのチョコレートにも使ったものが有ります。

キャラメル風味のミルクチョコレートに、顆粒状のゲランドの塩とフルール ド セルを組み合わせます。

ミルクチョコレートの優しい風味が、塩味の風味とあいまって、自分の今までの味覚の常識が翻ります。そして時たま顔を見せるカリッとしたフルール ド セルは、意外なショックを与えてくれます。

この感じが僕は気に入っています。

もちろんビター系もありますが、完成度はミルクタイプの方が高いような気がします。これは、僕の好みによるところでしょうか?

そして、飲み物は、コニャック、アルマニャック、シングルモルト、ブレンデッド ウイスキーの少しハード系のお酒と供になんてのも宜しかろうと思います。

ちょっと話は、横道にそれましたが、塩を使うことによって新しい愉しみ方が出来るのも面白いものです。

次は、もう少し新しい塩味の今後予定しているお菓子を紹介したいと思います。

Photo_3thumb

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | Le Sel!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191151/13391775

この記事へのトラックバック一覧です: 塩!!:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | Le Sel!! »