« リールへ。 | トップページ | 銀座三越 »

メゾン メール。

ウィンド越しに、マカロンやショコラ、アントルメが見えます。
綺麗にディスプレーされたお菓子は、どれも美味しそうです。パリの華やかさはありませんが、どれも落ち着いた色合いで好感が持てるガトウが並びます。

ガラスの扉をゆっくりと開け、中に入ります。

左手のマカロンとショコラ。

右手にキャンディーや飴菓子が並びます。

パリではほとんど見なくなった、飴菓子が色鮮やかに並びます。それもクラッシックなビンに入れられています。

量り売りです。とても愛らしくポップです。

余り広くない店内は、古典的な内装ですです。よき時代のフランスの趣です。

真鋳で出来たドアノブ。ウィンドのエッチンッグ。天井画。

どれもこの店が、由緒ある伝統の歴史があることを教えてくれます。店内の椅子やテーブルも古いのですが、とてもきちんと手入れが行き届いています。

中央に設けられたサービス台も、サロン ド テと呼ぶに相応しいたたずまいです。

名物のゴーフル、パウンドケーキ、タルト、ショコラ、マカロンがプラッターに並んでいます。

一番奥の席に陣取ります。

メニューを開き、ミルフィーユとゴーフルそしてカフェ クレームを注文します。

どうも、フランスに来ると僕の嗜好は、日本に居る時とはかなり異なります。なるべくクラッシックな物を食べたくなります。

今回もそうです。日本の素材とは歴然と違うお菓子を選びます。

黄金色に焼きこまれカラメリゼしたパイは、香ばしいかおりです。カスタードは卵と牛乳、バニラの香りが豊かです。

この単純なお菓子は、素材とパテシェの技量が簡単に分かってしまうお菓子です。

ナイフを入れます。

サンドランスで食べたレストランのミルフィーユとは、かなり異なります。

瞬間的に食べる物と時間の経過を計算して食べる事を前提にくみ上げられたお菓子では、作り手の考え方にもかなりの違いが見られます。

逆さ折りのパイの軽やかな歯崩れとバターと粉の焦げた匂い。良質な素材と確かな技術。カラメリゼして湿気止めをされたパイ。

きちんとしたパテェシェが居るんだろうな?

少し重めのカスタードも今時の軽い生クリーモの入ったカスタードではなく、クラッシックなバタークリームの入ったカスタードです。

懐かしい。僕が修行した頃のミルフィーユのクリームは、こんな感じでした。

快適です。

さー次は、名物のゴーフルです。

リールの町にはゴーフルのお店が、あちらこちらに見えます。

その中でも有名なのが、ここメゾン メールのゴーフルです。

|

« リールへ。 | トップページ | 銀座三越 »

コメント

はじめまして。
突然の連絡にて失礼いたします。
私どもは、北海道の旬のおいしい食材のみを取り扱うオンラインショップ「北のフードソムリエ」(http://www.rakuten.co.jp/food-hokkaido/)を運営しております北村と申します。
このたび、全国の料理教室の先生や料理家の方々にご協力をいただき、レシピをはじめ、おすすめの食材や調味料の提案などを行う“ゆたかな食ライフをプロが提案するサイト”「フードソムリエ」(http://www.food-sommelier.jp ※現在告知ページのみ公開中)を8月1日オープンに向けて準備しているところです。
その中に「食のプロBLOG」という料理家の方をはじめ、生産者さんやシェフ、職人・作家の方、ショップオーナーやライターさんなど、文字通り「食に関するプロ」の方が執筆されておられるブログを集めたコーナーの設置を考えています。
---------------------------------------------
フードソムリエ 8月1日オープンイメージ
http://www.food-hokkaido.jp/sample/
---------------------------------------------
ブログを拝見させていただきましたところ、「食のプロBLOG」のテーマにとてもあっており、ぜひとも私どものサイト内からリンクさせていただければと思います。
なお不都合がある場合、たいへん恐縮ですが、7月26日までに下記宛に貴ブログのURLをご記入の上メールいただけると幸いです。お返事がない場合はリンクをさせていただければと思います。
【連絡先】
返信先:株式会社グロッシー(フードソムリエ編集部)
E-mail:
件名:食のプロBLOGリンクについて
※お手数ですがメール本文に、貴ブログURLをご記載くださいませ。
--------------------------------------------------------------------------
何卒よろしくお願い致します。

投稿: 株式会社グロッシー(フードソムリエ編集部) | 2007.07.21 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191151/15802813

この記事へのトラックバック一覧です: メゾン メール。:

« リールへ。 | トップページ | 銀座三越 »