« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

札幌大丸。

残暑お見舞い申し上げます。北海道もこの言葉がピッタリな位の猛暑です。                      いよいよ、8月22日から札幌大丸での九州物産展が始まります。

アルデュールは今回で3回目の出店になります。

もちろんマカロンは、たくさんお持ちします。その他には、コンフィチュールやジュレもお持ちする予定です。

そしておまけに、小代のマカロンのデモンストレーションまでついています。

北海道の皆さん。

是非お待ちしております。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

頭痛の種?

マカロンの工場が、立ち上がって20日くらいになりました。

その間、僕の頭痛の種が、あっちで生まれ、こっちで生まれと言うような状態が続いていました。

ところが昨日、全て解決したのです。

それも、今までのマカロンよりうんと美味しくリメーク出来たのです。

新たな機械を導入する事によって、良い部分と悪い部分が必ず出てきます。

僕らが一番恐れる事は、今までより改悪する味覚や風味です。

機械を導入すれば、必ず生産効率は上がるのですが、美味しさとイコールと言う結果にはなかなか繋がりません。

たいていの場合は、今までの味の80パーセントくらいでよしとしなければ成らない結果を予想しなければなりません。

ただ、これでは、意味の無い事になってしまいます。

今までみたいに、マカロンを切らす事はなくなりますが、それに伴い味が落ちるのであれば、僕に、ずっと今までアルデュールのマカロンが好きなお客様を裏切ると言う、後ろめたさが付きまとってしまいます。

工場が立ち上がってから、この戦いでした。

何回も何回も納得がいくまで試作を繰り返します。

この位で妥協しても、大丈夫だよ。普通の人が食べても分かりっこないよ!!

こんな声が、もう一人の僕から聞こえたりします。

僕は、これを悪魔のささやきと自分で呼んでいます。

これに負けたら、今までやってきた事が水の泡です。

試作の量もデボジッタ-にかかる量ですから、かなりの量を仕込みます。基準点に達しないマカロンは、廃棄する事になります。一回で使用するアーモンドパウダ-や卵白等の材料を見事なくらいに捨てなければなりません。

オーブンの中を祈るような気持で覗きながら、焼き上がる工程を追っていきます。

いい調子で上がってる。

このまま、このまま。

オーブンから出します。

なにこの汚い感じ!表面も駄目!中も駄目!

次は?さっきよりまし!

でも駄目!

もーいい加減に成功させたい。

でも、僕が20年以上前にマカロンと格闘してた頃の苦労から比べるとヘイチャラです!

何てこと無いよ!技術者側の僕が言います。

しかし、経営者側の僕は・・・

当然失敗が続けば、経費は当然かさみます。経営を圧迫すると言うまでは行きませんが、徐々にあせりにも似た感情が出てきますし、このまま僕が望むようなマカロンが出来無かったら、工場に投資した費用も無駄にする可能性も有ります。

そんな事を繰り返す日々が続きました。

ありとあらゆる可能性を、試しながら試作の日々が続きます。そして当然ながら普段の営業は、続いていくわけですから、こんな事もあろうといつもより多めにストックしていたマカロンの在庫も減っていきます。

でも可能性を信じながら、諦めずに挑戦をします。

今までの失敗の原因をつぶしていきます。

一生懸命に考えていると、突然この考え方で間違いないと言う答えがむくむくと現れ出します。

こんな時は、不思議と良い結果が出ます。

絶対大丈夫!

自分の考え方の裏づけを、多くの人に聞いてもらったり、聞いたりします。

そして、残る二つの方法が見えてきました。

自信がよみがえって来ます。

そして、新たな気持ちで、自信と祈るような気持で新しい挑戦です。

そして、本当に神様が居るんじゃないかと思ってしまいます。

一所懸命に頑張れば、それに見合った結果や答えは用意されてるようなが気がします。

結果が駄目な時は、まだまだ努力が足りない時です。

やっぱり神様が気の毒に思うくらい努力しないとなんて思います。

でも今回、僕は方法論と可能性を指示したに過ぎません。一番頑張ってくれたのは、やはり現場のスタッフです。

本当に感謝しています。

そして、今回多大な協力をしてくれたアルデュールOBスタッフです。

彼らの協力なくては、今回の新しいマカロンは生まれなかったかも知れません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

暑中お見舞い申し上げます。

全国的に暑い夏が続いています。

福岡も暑くて・・・暑くて。

でも去年より朝夕が涼しく感じているのは、僕だけでしょうか?

今夏アルデュールは、マカロンの工場を立ち上げました。今、マカロンの試作の真っ最中です。

なかなか思うように行きません。

ですから、必然的にブログの回数が減ってしまいます。飽きもせず、御覧いただいてる方にはごめんなさい。

ブログより、優先はマカロンです!!

そして、そして

今回新たに導入した機械があります。デボジッタ-と言うマカロンの生地を搾り出す機械です。

今、これが僕の頭痛の種です。

これになかなか苦労させられています。生地との調整をするのに一苦労させています。

アルデュールのマカロンの生地は、多分他の店舗のものより軽めに作られています。

ですから、デボジッタ-に入れて生地を搾り出すと非常に不安定になります。

焼き上がりもアルデュールのマカロンとは若干違ってしまいます。

歯にあたった食感はパリンと割れ、中がしっとりするのがアルデュールのマカロンの特徴です。

これを追い求める努力中です。

いろんな可能性を試しながらの試行錯誤です。

このときが一番楽しいかと思います。

考えられるありとあらゆる可能性を探ります。

まるで、パズルを埋めるように、いや難解な推理小説を解くように・・・

ほんの少しの不安と戦いながら・・・

でも今回は、意外と楽感的に考えています。僕が若い頃にノイローゼになるんじゃないかっていう位のマカロンシンドロームにはまり込んでしまいました。

そんな経験をしているんで、必ず物に出来ると思っています。

最上の状態を見つけたいものです。

あの出来上がった瞬間の感動を経験したいがために!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »