« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

ホワイトデー催事情報

バレンタインが終わったと思ったらホワイトデーの準備が始まります。
アルデュールのホワイトデー出店の情報をお知らせします。
各店舗かなり品揃えの違いはありますが、どれもアルデュールならではの商品の取り揃えとなっていますので、時間がありましたらのぞいてみてください。


九州地方

福岡
アルデュール本店
福岡三越3月1日から14日
博多大丸3月4日から14日
小倉井筒屋3月1日から14日
黒崎井筒屋3月1日から14日
岩田屋3月6日から16日

熊本
鶴屋デパート3月1日から14日

大分
ときは

長崎
大丸
浜屋

鹿児島
山形屋

中国四国地方
天満屋倉敷
天満屋岡山
広島そごう

関西
京都大丸
近鉄阿部野3月4日から14日
難波高島屋
梅田阪神百貨店
芦屋大丸

東海
栄三越
星ヶ丘三越
名鉄百貨店

関東
東京駅グランスタ
日本橋三越
銀座三越
渋谷東急本店
渋谷東急東横
相模原伊勢丹
大丸横浜(ららぽーと)
溝口丸井
北千住丸井
東武東上線 朝霞台駅

東北

仙台三越

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1月25日

いよいよ、グランスタ店がオープンします。
当初は、なかなか行き届かないことも多々あるとは思いますが、宜しくお願い致します。
小代もオープンから3日間位は、張り付いていますので気が向きましたら声でも掛けていただければと思います。
では、心よりお待ちしております。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

マカロンショコラティーヌ、お待たせしました!

1

2

長らくもったいぶっていたマカロンショコラティーヌ
やっと写真でご紹介です。今年新発売という事もあり、数量を限定していますのでご了承下さい。
取扱店も本店、福岡三越店、グランスタ店のみでの販売とさせていただきます。

01
メリダ
カリブ海沿岸のカカオ分72%の赤い果実系の香りと苦味の調和のビター系ガナッシュ。

02
リジュ
楊貴妃が愛したローズの香りに似たライチ風味のオリエンタルなガナッシュ

03
ベゼローズ
木苺とダマスクローズのブーケが広がるガナッシュは、薔薇の口付け

04
プロヴァン
シャンパン風味の力強いの香りとガナッシュは、シャンパーニュの息吹


05
フレジュス
滑らかなアーモンドプラリネガナッシュは、アーモンドの木が広がる風景を想い出

06
ゲッショウ
抹茶和光とキリシュの透明感のあるガナッシュは、日本人である喜びを感じる

07
マナウス
パッションフルーツと杏 太陽の明るく温かい香りのガナッシュ

08
CBSC
キャラメルとゲランド産フルール ド セル 甘味、苦味、塩味のガナッシュ

09
ライアテア
アニス香と果実の覚醒的な香り、タヒチバニラとホワイトチョコレートのガナッシュ

10
シノニム
柚子風味のホワイトチョコレートは凛とした静寂のガナッシュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マカロンショコラティーヌ

Chocolatine

もったいぶってるわけではないのですが・・・・。
メニューのリーフレットだけでも早めに・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メッセージありがとうございます。

yukiさん。chihoさん。まみりんさん。ななさん。メッセージありがとうございます。
心温まる言葉や応援をなによりもありがたくおもいます。

早いものでグランスタオープンまで後10日ほどになりました。今までの場所とは若干違いますが、ショーケースもグランスタにあわせて特別にデザインしたものです。マカロンの単品売りはもちろんの事、ギフト用の充実を図っています。マカロンだけのギフトだけではなく、パウンドケーキやコンフィチュールを使ったギフトやもかなり充実していると思います。時期的にバレンタインが近くチョコレート関係もかなりのウェートで販売する予定です。

チョコレートの話が出ましたのでお知らせをしておきます。今回のバレンタイン用でアルデュールらしくそしてグランスタ限定でマカロン型のキュートなボンボンショコラを販売します。2010年の新商品で販売にも限りがありますので、お早めにお求め頂いた方が良いかもしれません。5個詰めと10コ詰めの2種類です。内容と写真は後日アップしますのでしばらくお待ち下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

坂本龍馬

龍馬伝が始まりました。

幕末、維新が大好きな僕にとっては、たまらない題材です。

坂本龍馬の偉業は、僕ごときがいまさら語る必要はなく・・・。

維新のために天が遣わした人ではないかと思います。

維新の革命者は、前期は、島津斉彬吉田松陰から始まり中期は高杉晋作、坂本龍馬、中岡慎太郎、後期は西郷隆盛、大久保利通、桂小五郎等によって成し遂げられました。本質的な革命者は島津斉彬、大久保利通、桂小五郎を除く4人ではないかと思います。吉田松陰、高杉晋作、坂本龍馬、中岡慎太郎維新の夜明けを見ることなく残念にもなくなってしまいました。色々な意見はあると思いますが、維新後の征韓論や西南の役の言動を見ると西郷隆盛自身も本来はここに、入る事を臨んでいたような気がします。

前置きが長くなってしまいましたが、以前西郷隆盛の「南州翁遺訓」を紹介しましたが、その中の遺訓三十条にこんなくだりがあったのを思い出しました。「命も入らず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るもの也。この始末に困る人ならでは、艱難をともにして国家の大業を成し得られぬ也。」という部分があります。こういう処理に困る人が坂本龍馬では、なかったのではないかと思います。薩長同盟や船中八策、大政奉還等は諸説はあるにせよ、坂本龍馬なくしては出来なかったことでしょうし。また西郷隆盛も龍馬という男の本質を見抜き信頼したのでしょう。龍馬亡き後、自分は維新後も生き残り充分に龍馬の残像が残った中での遺訓三十条ではないかと思います。また龍馬自身も功名心も無く名を残す事も考えていなかったと思います。維新後、坂本龍馬の話題も維新の生き残りの志士たちの間で出るくらいで決して英雄扱いはされていなかった事実が残っています。まさしく龍馬に自己愛が無かったからではないかと思います。思い出しましたがにこれに似たようなことを吉田松陰も言っていたような気がします。

何か、正月早々にお菓子とはまるっきり関係の無い話になってしまいましたがお付き合いいただきましてありがとうございます。今年もたまに、こんな話を交えながら続けていきたいと思います。

思い出したのでまたまた・・・。
先だって放映がありました「坂の上の雲」で日清戦争を終結させた外務大臣陸奥宗光は、海援隊で坂本龍馬がもっとも信頼した一人でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
福岡は、元日こそ雪がちらつきましたが、三が日は比較的に穏やかに過ごせたように思います。
話は変わりますが、大切なお知らせです。
今まで東京駅グランスタ催事ブースにて営業を行っていましたが
1月25日プロパーとしての開店が正式に決定しました。

現在のブースは、1月11日までの営業とさせていただきます。2週間ほどのお休みをさせていただき、約30種類のマカロンやショコラ、クグロフなど本店とほぼ変わらない商品群で新たに出発させていただきます。

何かと行き届かない面もあるとは思いますが、お近くにおいでの際は、是非お寄りください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »