« お待たせしました! | トップページ | マドレーヌ »

今さら!!

ホワイトデーまで製造部門、販売部門の忙しさは、皆さんのご想像にお任せするとして・・・・。
この忙しい時期にと思われがちですが、現商品や以前販売していたの再構築にあてています。
春から夏に掛けての新作マカロンコレクションやギフトは、ある程度終了していますので、少しだけの時間をこんな事にあてています。その中で今日は何品かのリメーク予定の商品を紹介しておきます。

今回のテーマは、今さらながらパウンドケーキにあらためて焦点をあてています。なぜ今パウンドケーキなんて思われがちですが、僕の中で感じている時代の流れと言えばかっこよくなりますが・・・。

素朴で誰もが作り、決して華のある商品ではないのですが、時代の流れとともに忘れ去られたものほど、人の心のぬくもりや優しさや自然の生命力や尊さを伝えられるものではないかと思っています。ただし、この決まりきった形のお菓子の中の味覚の創造は、アルデュールらしく伝えられたらと思っています。

現代的なアレンジや奇抜さではなく人の心に印象に残るようなものが出来ればよいと考えたものです。そして型事態の大きさのサイズにもこだわります。フランスの昔から伝わる大きさがベストだと思います。型の大きさや厚みによって微妙な火加減の狂いが出てきます。ですから僕は、流行の細い型を選ぼうとは思いません。

チーズと杏のケークとケーク フロマージュ
コンフィチュールに合うパウンドケーキが作れないかがきっかけで生まれた商品です。ナチュラルな生地だけのパウンドがケークフロマージュです。コンフィチュール向きです。

クリームチーズの軽やかな風味とカマンベールチーズ、パルメザンチーズの奥深い香りと白ワインでコンポートにしたセミドライ杏のドイツ風のケーク。クリームチーズの曖昧さを杏の香りとともに味わう事により、力強い別の美味しさが生まれたような気がします。塩味の効いたパートとそぼろ状の固めのチーズのスチューゼルのコントラストが楽しい。

蜂蜜とプラムのケーク少しカラメル状にした蜂蜜とスペイン産プラムのコンポートのケーク。
蜂蜜とクレーム ドゥーブルの独特の香りとメープルシュガーの香り、赤ワインとエピスとともにプラムの混沌とした香りがこのお菓子の美味しさだと思う。フランス的な力強いテクスチャーが表現できたと思う。

チョコレートとバニラのケーク
バローナ社のP125 クール グアナラに出会ったことにより考え付いたケークです。最初は単純にチョコレートの素直な美味しさを伝えやすいものをと考えました。ところがこの方向性だとどこにでもあるような個性のない、とりとめのない灰汁のないチョコレートのケークになってしまいます。そこで先ず砂糖をグラニュー糖キャスナッドに変更し、朴訥さを。そしてタヒチ産バニラを多めに加えエキゾティックな香りを加味します。
そしてショコラのトーンとは異質にも感じるゲランド塩で小さなショックを与えます。

最後の香りづけにキリシュとバニラのシロップで仕上げます。

3品とも発売日は決まっていませんが、3月後半にはお目見えする事になります。

|

« お待たせしました! | トップページ | マドレーヌ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191151/47651386

この記事へのトラックバック一覧です: 今さら!!:

« お待たせしました! | トップページ | マドレーヌ »