« WEBサイト特別ギフト | トップページ | ダクワーズ »

熊本県葦北郡芦北町田浦

田浦は、かんきつ類の栽培が盛んな町です。
Photo_9八代より少し南に下ったこの町は気候も温暖で海に近く
どことなく以前紹介した唐津に似ています。
特に田浦の甘夏デコポンは、
東京での知名度も高く良質なものが多くとても評判が良いようです。
今回この田浦を訪れた理由はもちろんここの
かんきつ類の素晴らしさを皆さんに知ってもらいたく、栽培方法も
無農薬に近く露地栽培で旬の美味しさを伝えられるものを選択しました。

まずは、池辺さんの甘夏を紹介します。
Photo_10遠くから見る甘夏の山々は、
なだらかに見えるのですが、実際山に登ってみると想像以上に
こう配がきつく15分も登ると息が切れます。
これだけでも大変なのですが、斜めの斜面での収穫は足場も悪く
かなりの重労働になると思います。
口で言うのは簡単なのですが苦労は並大抵ではないと思います。


こうやって苦労され作られた甘夏は、まだまだ収穫には
時期的には早いのですが、甘味、酸味、香りともに充実していて
完熟が楽しみです。
やはり追熟させたものより、木に生った状態で収穫されるものは
全くと言っていいほど違いが出ます。Photo_11そして、自然の力を充分に吸収した甘夏からは、
美味しさだけではなく生命力を頂いているような気がします。
さらにこれをソルべやコンフィチュールに出来れば、
美味しいものが出来るのは容易に想像ができます。
収穫の時期は年明けから3月中旬くらいまでです。
この旬を逃さず皆さんにお届けできたらと思います。
僕たちが作り出すソルべやコンフィチュールは
素材の持つ生命力や美味しさが素直に出てしまいます。
いくら僕らが工夫してもその素材の持つ本来の力を
超えることは出来ないと思っています。
ですから僕らの創造は素材の長所を引き出すための道具に
過ぎないのではないかと最近思ったりもします。


川元さんの檸檬ライム

Photo_12フランスで食べるようなレモンが欲しくてずっと探していました。
どだい日本とフランスの環境の違いもあり、なかなか
難しいと思っていました。
レモンは、本来なら刺すような酸味ではなくどちらかと言うと
甘味と香りの後に酸味があると表現した方がいいのでは
ないかと思います。
アメリカ産のレモンは酸味だけが先に立ち甘味、
香りとも希薄な感じがします。Photo_13
日本の檸檬は、どちらかというと柚子に近いような
香りが目立っていました。
しかし、川元さんのレモンは、かなりフランスのものに近く
そのままかじって食べても美味しく豊かな味わいを秘めています。
このレモンを使ってソルベを作る日も近いと思います。
12月のジュラスのオープンに間に合えば良いのですが・・・。
とても爽やかで香りが鼻腔を抜けていくソルベが出来ると思っています。


そして特筆すべきは、ライムです。
青く清々しい香り。国産でライムがあること自体がにビックリしました。
川元さんが趣味で1本育てているものです。Photo_14
久々に美味しいライムに巡り合いましたソルベもそうですが、
ライムのパッと花開くような青い香りの酸味の雫で
ギムレットが飲みたくなったのは、僕がのんべーだから
かもしれません。
冗談はさておき、思わず3本くらい植樹してください。
全部、アルデュールで買い取りますからと口をついて出てしまった位、美味しかったものです。
このライムをぜひ皆さんと美味しさを共有できたならと思って、
福岡まで200キロの高速道路の車中考えていました。

|

« WEBサイト特別ギフト | トップページ | ダクワーズ »

コメント

小代さん♪明けましておめでとうございます。ギムレットって飲んだことないです。どんなんですか?
私はコアントローとウオッカにレモンをたっぷりといれてちょびっとグラニュー糖いれて氷いっぱいいれてミキサーにかけて飲むの。おいしい!
後、サングリアならぬフルーツパンチ!果物もブルーベリー木苺、オレンジ、リンゴくらいでチェリーの絵のついたキルシュワッサーとウオッカ、はちみつ、炭酸、レモン果汁たっぷりとを宴会の閉めに食べるのが最高!トマトのシャーベットを溶かしながら食べても美味しい〜食べた後は酔っ払うけど幸せな気持ちになります!

投稿: イチハシ | 2011.01.09 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191151/50044652

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本県葦北郡芦北町田浦:

« WEBサイト特別ギフト | トップページ | ダクワーズ »