« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年6月

新発売 期間限定、産地限定のお茶のマカロン テ・ヴェール

 夏も近付く八十八夜...。最近は夏が近付いてくる事を感じるというより、いきなり夏になってしまっていてどこか風情に乏しいように思ってしまいます。

 それでも新茶が出回るようになると、今年もそんな季節を迎えたという思いと新茶の爽やかな香りには、日本人で良かったというひと時の安らぎを感じてしまいます。

 日本人の日常に欠かせない緑茶は、産地や製茶する工程によって個性が大きく分かれてしまいます。

 そんな緑茶を国内有数の名産地五カ所に限定して、それぞれの茶葉の特徴に合わせた素材と組み合わせ、新作のマカロンセットとしました。

 その名も「テ・ヴェール(=緑茶)」。徹底してお茶にこだわった茶葉が香るマカロンです。

 お茶の繊細な風味をお愉しみいただく為に、新製法のクリームを使い、軽くふんわりとした口どけの中に豊かなお茶の風味が広がるようになっています。

 内容は、

・静岡茶と柚子
・伊勢茶とかのこ豆
・宇治茶とマスカルポーネチーズ
・八女茶と伊予柑
・知覧茶と栗

     といった5種となっています。

 茶葉の産地も限定していますが、販売期間も限定なので、お早めにご用命ください。


_mg_37771


 マカロン テ・ヴェール
  5個入り 1,200円(税別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花祭りのマカロンセット ~インフィオラータ

 ヨーロッパの国々では、街の住人達が街を華やかに飾り、住む人や訪れた人が少しでも癒されるように窓辺に花を飾って、季節の花々を楽しませてくれます。


Town


 特に初夏は春に芽吹いた植物が秋の結実へ向けて花を咲かせる事から、街は花で溢れ、とても美しく街を飾ってくれます。

 そんな初夏に花祭りを行うという街も多いのですが、中でもイタリアの花祭り、インフィオラータは街の通りを花の絨毯で覆い尽くす事で知られています。

 今年も初夏を迎え、たくさんの街で花祭りが行われている事を想像しながら、アルデュールでもささやかな花祭りを行う事になりました。その名も「インフィオラータ」。とってもキュートなプチブーケを添えてお届けします。

 アルデュールで人気の高いマカロン6種を可愛い花柄のパッケージに詰めて、プチブーケを添えてのお届けなのでギフトにも最適です。ギフトというと、そろそろ父の日が気になってきますが、ちょっと女性的...という方には「東京グランマカロン」がお薦めです。

 花祭りの季節にお届けするマカロンセット。ぜひご賞味ください。


Hb_hana_3


・花祭りの季節のマカロンセット ~インフィオラータ
 ショコラアメール、フランボワーズ、リモーネ、ピスタチオ、フロマージュフレイズ、ブラッドオレンジ、各1個入り

 1,500円(税別) プチブーケ付き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大好評 東京グランマカロン

 丸の内と八重洲を結ぶエキナカ、グランスタ。個性的なショップが軒を連ねる中にアルデュールのグランスタ店があります。

 日々、たくさんの人が行きかう中、グランスタ店でしか販売されていない超限定アイテム、それが東京グランマカロンです。

 お土産の定番として息の長い人気のアイテム、レーズンサンドをモチーフにして、滑らかな口どけと共に広がる風味豊かなバタークリーム、芳醇なラムレーズンの香りのマリアージュ。そんな大人の手みやげ、東京グランマカロン。

Gm01


 実はとっても問い合わせが多い商品でもあります。

 グランスタでしか買えない事もあり、お土産でいただいた方を中心に、どこへ行けば購入できるのか?お取り寄せは可能なのか?といったお問い合わせをいただくのですが、その度にグランスタでしか買えません...という心苦しいお応えしかできませんでした。  (ノд・。) 

 せっかくお気に入りいただいたのだから、何とかお届けできないものかと思っていたのですが、当初からグランスタ店限定と決まっていたので、どうしようもなかったのですが...。

 ...数量限定ですが、通信販売での取り扱いが決まり、お届けが可能となりました!!! w(゚o゚)w


 素材にもこだわり、多くのシェフやパティシエに称賛されるカルピスバターを使い、バターの風味、ラム酒の香り、レーズンの旨味が混然一体となり、それをサックリとしたマカロンコックで包み込んでいます。

 美味しいグランスタのお土産、東京グランマカロンをこの機会に是非ご賞味ください。


 15ko


 東京グランマカロン
   5個入り 1,200円(税別)
  10個入り 2,400円(税別)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »