マカロン

大好評 東京グランマカロン

 丸の内と八重洲を結ぶエキナカ、グランスタ。個性的なショップが軒を連ねる中にアルデュールのグランスタ店があります。

 日々、たくさんの人が行きかう中、グランスタ店でしか販売されていない超限定アイテム、それが東京グランマカロンです。

 お土産の定番として息の長い人気のアイテム、レーズンサンドをモチーフにして、滑らかな口どけと共に広がる風味豊かなバタークリーム、芳醇なラムレーズンの香りのマリアージュ。そんな大人の手みやげ、東京グランマカロン。

Gm01


 実はとっても問い合わせが多い商品でもあります。

 グランスタでしか買えない事もあり、お土産でいただいた方を中心に、どこへ行けば購入できるのか?お取り寄せは可能なのか?といったお問い合わせをいただくのですが、その度にグランスタでしか買えません...という心苦しいお応えしかできませんでした。  (ノд・。) 

 せっかくお気に入りいただいたのだから、何とかお届けできないものかと思っていたのですが、当初からグランスタ店限定と決まっていたので、どうしようもなかったのですが...。

 ...数量限定ですが、通信販売での取り扱いが決まり、お届けが可能となりました!!! w(゚o゚)w


 素材にもこだわり、多くのシェフやパティシエに称賛されるカルピスバターを使い、バターの風味、ラム酒の香り、レーズンの旨味が混然一体となり、それをサックリとしたマカロンコックで包み込んでいます。

 美味しいグランスタのお土産、東京グランマカロンをこの機会に是非ご賞味ください。


 15ko


 東京グランマカロン
   5個入り 1,200円(税別)
  10個入り 2,400円(税別)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都大丸店限定マカロン

お知らせ!!!

アルデュール×花園饅頭 初のコラボレーション

アルデュール京都大丸店で限定マカロンが発売されます。


*甘納豆ときなこマカロン*

花園饅頭「ぬれ甘なっと」とちょっぴり塩味のきなこクリームを合わせた和テイストなマカロン。

販売期間 10/31~11/13

価格 ¥200


是非、ご賞味ください。

ARDEUR K.UENO


| | コメント (2) | トラックバック (0)

Macaron Foret Noir マカロンフォレノワール

明日7月13日より、東京駅グランスタ店限定で”マカロンフォレノワール(4個入り1000円)”を販売開始いたします。
口にした瞬間ほどけるようなグリオットチェリーのジュレと、ロイヤルティーヌのリズミカルな食感のコントラスト。
グリオットチェリーとピスタチオの風味のマリアージュで初夏の訪れを告げる力強い味わいを表現しました。

◆ マカロンコック
アーモンドとショコラの香り。トッピングにピスタチオとカカオニブ。
◆ ピスタチオクリーム
ピスタチオのアメール香とピスタチオグリーンの爽やかな色合い。
◆ グリオットチェリージュレ
グリオットチェリーは濃厚なチョコレートとピスタチオとの相性が抜群。本来の甘味、酸味を閉じ込めたジュレが口の中でほどける口どけをお楽しみください。
◆ マホガニー
薄焼きクレープのロイヤルティーヌと香ばしいプラリネのショコラ。

Photo

数量限定ですのでお早めにお買い求めくださいませ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ARDEUR 春夏新作マカロン

春夏の新作マカロンを単品販売しました。


Photo_2
【白桃・柚子】
白桃のホワイトチョコガナッシュと柚子のペースト


Photo_3
【フロマージュフレイズ】
イチゴジャムとクリームチーズ


Photo_4
【パッションミント】
フレッシュミントとパッションのさわやかなガナッシュ


Photo_5
【ソルティドッグ】
甘夏のジャムとゲランド産の塩、ウォッカの香り


Photo_6
【ココパインと黒糖】
ココナッツとパイナップル、黒糖の芳しい香り
※冷たいままお召し上がりになると黒糖の板が固い場合がございます。
しっかり常温に戻して頂くか、注意しながらお召し上がりください。


Photo_7
【玉露と抹茶】
玉露の香りと抹茶のガナッシュ


Photo_8
【クリームチーズとグラニースミス】
クリームチーズとグラニースミス(青リンゴ)ジャム


Photo_9
【カフェオランジュ】
伊予柑と香り深い珈琲


Photo_10
【オリーブオイルとレモン】
レモンの風味、ホワイトチョコレート、アクセントにオリーブオイル


素材を生かした味のマリアージュをお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーハーブマカロン

日一日と暖かくなり、
日中は気持ちのいい陽気です。

少し出歩くと、色とりどりのきれいな花が待ちわびていたかのように
のびのびと咲き誇っています。

そんな目にも鮮やかな風景の一部を切り取った、
色とりどりのフラワーハーブマカロン4月25日から販売いたします。

527894_190997984350872_187873744663

【ARDEUR フラワーハーブマカロン】
バラ:ダマスクローズのフェミニンな香りと木苺のマリアージュ
オレンジ:地中海の香り、オレンジ花と伊予柑のコンフィチュール
ラベンダー:プロヴァンスの初夏、ラベンダーの香りと白桃
カモミール:ジャーマンカモミールと太陽の杏のコンフィチュール
ジャスミン:オリエンタルなジャスミンの香りとグリーンレーズンの白ワインコンポート
ハイビスカス:ハイビスカス・パイナップル、タヒチ産バニラのエキゾチックなハーモニー

マカロンコックにジャスミンを練りこんだり、グリーンレーズンはワインに一度漬けこんだりと
手間暇をかけて手作りしているマカロン。
店頭では3個入りと6個入りを販売しております。

通販サイトでも4月25日から販売いたしますのでご覧ください。
http://www.ardeur-hakata.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作マカロン

冬の新作マカロンです。

New158_1
シナモンと利平栗 ¥158

New158_2

プラリネとレモン ¥158

New158_3
洋梨とキャラメル ¥158


| | コメント (0) | トラックバック (0)

マカロン キャラメル ムー

今日は「マカロン キャラメル ムー」をご紹介します。

Mous_1

薔薇 ¥210

ブルガリア生まれのダマスク ローズは、この地でしか育まれない香りなのかもしれない。朝露がまだ残る頃摘み取られた小さな可憐な薔薇は、香りを逃さないための手当てが施され、高貴な香りに昇華される。この薔薇の香りの生命は、キャラメルとの新たな香りの調和を生み出してくれる。


Mous_2

柚子 ¥210

柚子の凛とした清々しい香りや苦味、酸味の潔さが、日本人の心に沁みこんでいくような気がする。フランス的な解釈で出来上がったキャラメルのテクスチャーも違和感なく柚子の風味と調和するのは、なぜだろう?日本人ゆえに創造できる新たな調味かもしれない。


Mous_3

CBS(塩 バター キャラメル) ¥210

深く焦がしたキャラメルは、ブルボン バニラとあいまって優しく口の中に広がっていきます。少しだけのゲランド産のフルール ド セル(塩の花)のリズム感のある塩味が、味蕾への刺激と懐かしさを醸し出してくれます。このキャラメルを食べると子供の頃の時間に戻れるような懐かしい想い出が交錯する。


Mous_4

木苺 ¥210

初めて僕が、パリを訪れた時の香りのイメージが未だに僕の心に残っている。毒(プワゾン)のある香りが鼻を刺し、振り返る。今まで出逢った事のない妖艶な大人の香り。なぜかこの香りには、少しだけの木苺の香りを含んでいる。忘れられないパリの香り。この少しだけ妖艶な香りが僕の中にある。そんなイメージだけを頼りにキャラメルと合わせてみた。


お召し上がり方

冷蔵庫から出して、20分から30分常温に戻してからお召し上がり下さい。キャラメルの柔らかいコントラストと香りの交錯が、マカロンのパートと一体になり美味しさの調を奏でます。

ちなみに、アルデュールの冷蔵庫は2度設定ですので、30分くらいが一番美味しく食べれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macarons+Caramels mous

9月1日に、新作を発表します。

今までのマカロンとは、少し違ったマカロンです。

まだ発売前なので詳しくは、お話できませんが・・・。

試作は、最後の微調整段階です。お味はといいますと、塩味、柚子、木苺、薔薇の4種類から最終的には、3種類に絞る予定です。

販売は、現在のところ量産する予定がありませんので、しばらくは本店のみの販売とさせていただきます。

興味のある方は、九州地区のみではあるのですが、8月14日放映のTNCでももち浜ストアのなかで、女優の江本理恵さんが、販売に先駆けて試食をして頂いてますのでごらんになってみてください。

余談ですが、彼女とは9年前にウェディングケーキ製作の収録で一緒に仕事をさせていただきました。生番組だったので、時間との戦いで二人であたふたと作り本当の披露宴に使ってもらった思い出があり・・・。そんな話なんかをしながらの収録だったので懐かしく楽しくリラックス出来たロケでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白桃と赤スグリのマカロン

マカロン作るのが楽しくてたまりません。

だって、出来が良いんですもの!

でも、実際僕は仕事場の隅で、コンフィチュールを作りながらみんなの作業を見てるのですが・・・・。

綺麗に焼きあがったマカロンは、とても愛らしくて・・・・

今風に表現するなら、超キュートです。

なんでかといいますと、新しいマシンを今月購入しました。

値段は、みんながぶったまげるんで内緒です。この機械は、ほんとにデリケートにマカロンを絞ってくれます。

マカロンの生地へのダメージが少なくて、上がりもすばらしい上がりです。

今までのマシンに愛着は、あったのですが旧式のため安定した生地を搾り出すのは、結構難儀でした。

ところが、今回のマシンは、人間の手よりもデリケートじゃないかしら?なんて思ったりします。

また一歩、理想のマカロンに近づけた気がします。

で、夏の新作に取り掛かっています。

白桃と赤スグリは、今年初めて出すマカロンです。毎年毎年、かなりの新作を出しますので、以前のノートを見るとへーこんなマカロンやってたんだなんて、懐かしい思いに浸ったりします。

その時の自分の興味惹かれるものや刺激を受けたもので出来上がったマカロンのコレクションが出てきます。

優しい、ふくよかな香りの桃に、突き抜けるような明るい酸味の赤スグリを組み合わせて見ます。それも瞬間的なスグリの酸味と対照的な香りの余韻の長い桃がイメージです。

初夏らしい、香りのマカロンです。

生地の食感も重すぎず軽すぎず・・・・。

香りと食感のデュエットがとても楽しいマカロンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macaron surprise

マカロン シュルプリーズ

続きを読む "Macaron surprise"

| | コメント (0) | トラックバック (0)